ワインの種類別|買取価格と特徴一覧

ワインの種類別|買取価格と特徴一覧

高級ワインと呼ばれるものは世の中にたくさん存在していますが、ロマネ・コンティを差し置いてそれを語る人はいないでしょう。ワインに詳しくない人でもこの名前くらいは耳にしたことがあるはず。

ロマネ・コンティはワインの中でも超希少

ロマネ・コンティの特徴は、何よりも希少性が高いこと。数が少なければ当然価値も上がります。年間に6,000本ほどしか生産されないと言いますから、これがどれだけ貴重なものかはなんとなくでもわかるのではないでしょうか。

そもそもこのワインはどこで作られているのでしょう。ワインの本場であるフランスのブルゴーニュ地方にある人口400人ほどの小さな村でこのワインは生産されています。
この村は「ヴォーヌ・ロマネ村」といい、その人口は年々減少傾向にあります。さすがにこの有名なワインがなくなってしまうことはないと思いますが、もしそんなことになれば、さらにロマネ・コンティの価値は上がっていくことになるでしょう。

ワインはどれも、その年の出来によって価値が変わってきます。それによって流通するときの価格も変わってくるのですが、ロマネ・コンティの場合は安くても30万円くらいはします。とても良い出来の年は1本で100万円を超えてきますし、日本で手に入れようと思ったら150万円や200万円以上出さないと手に入れられないものもあるから驚きです。

ロマネ・コンティというネーミングのワインもあるんですが、このワインはそもそもドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティという会社が作ったもので、この会社では他にも白ワインのモンラッシェや、リシュブール、コルトンなど、いろいろなワインを作っているんです。
なので、ワインそのものを指しているのか、それとも会社名を指しているのかはちゃんと確認しないといけませんね。どれも高いことには変わりないですが、種類によって価値も全然変わってきますから。

ロマネ・コンティの中でも価格は様々

ワイン買取りに出すときも、種類と年代によって買取価格が全然違います。
例えば、この会社が製造するコルトンは数万円程度ですが、モンラッシェは年代や状態によっては30万円くらいつきますし、それこそロマネ・コンティの2007年ものは50万円や60万円、状態次第では80万円くらいの買取価格がつくんです。

これだけ種類があってワイン買取り価格の幅も広いのがこのワインの特徴なのかもしれません。
本物であれば数千円なんてことはまずないですから、とりあえずワイン買取り業者に査定でも出してもらったらいかがでしょうか。思わぬ買取価格を提示してもらえるかもしれませんよ。